ジョッパリ・ワールド

「あやしい彼女」でシム・ウンギョンに迫る?多部未華子の歌唱力を要潤が絶賛!

      2016/08/14

「あやしい彼女」でシム・ウンギョンに迫る?多部未華子の歌唱力を要潤が絶賛!

多部未華子主演、映画「あやしい彼女」が2016年4月1日に公開される。

韓国でメガヒットを記録した「怪しい彼女」のリメイク作品だが、なかなか面白そうな映画だ。

実は以前から日本でリメイクしてもヒットするのでは?_と囁かれていた作品でもある。

物語(あらすじ)はこうだ。

73歳のカツ(倍賞美津子)は、頑固で毒舌、おせっかいのおばあちゃんだが、ある日、写真館で写真を撮られた瞬間、20歳の自分に若返ってしまう!カツは、失われた青春を取り戻そうとして別人・大鳥節子(多部未華子)となり、歌手になる夢を追いかけたり、ほのかな恋に心をときめかせたりしていく。

荒唐無稽でファンタジックな設定は、笑って泣けるドタバタコメディーといった印象。

ただ73歳の老婆が外見的に20歳に戻ったとして、いつかの若気の至りを取り戻せるだろうか?ここに「あやしい彼女」の本当の見所がある気がする。

無知な痛々しさ未熟さが若さだとして、73歳の少女はその痛さに立ち向かっていけるだろうか?

人生は何度繰り返しても素晴らしいのだろうか。

多部未華子 シム・ウンギョンの歌唱シーンの再現なるか?

「怪しい彼女」(韓国)では主人公オ・ドゥリをシム・ウンギョンが演じ絶賛されている。特にステージで披露する歌唱シーンが素晴らしかったらしい。

この映画の大きな見所の一つに間違いなく歌の存在があるようだ。多部未華子の演技力は心配していないが、果たして”歌”はどうだろう? シム・ウンギョンに迫れているだろうか?

節子がのど自慢大会で歌声を披露するシーン、共演者の要潤は一度も瞬きせず多部未華子の歌に聴き入ってしまったという。

「本当に多部ちゃんが歌っているの?」

「本当に多才だなと。誰が聴いてもすごく上手だなと思うでしょうね」_と振り返っている。

劇中の歌唱指導・楽曲プロデュースは小林武史が担当している。マイラバとかミスチルで有名な人だ。凄く良いものが出来たのではないだろうか。

多部未華子といえば、演技の質の高さに反して出演料(ギャラ)の安さから業界で重宝されているとニュース記事で読んだ事がある。

同年代で活躍する女優に、綾瀬はるか、北川景子、宮崎あおい、上戸彩、新垣結衣、蒼井優といったビジュアルを兼ね備えた競合がいるにもかかわらずコンスタントに作品に出演している。

たとえ眉唾モノのドラマであっても、多部未華子という意外性が加わると案外面白くなってしまうから不思議だ。

最近だとドラマ「ドs刑事」など。

シム・ウンギョンと上野樹里は似ている?

実は「怪しい彼女」の主人公オ・ドゥリを演じたシム・ウンギョンを初めて見た時に日本の女優・上野樹里に雰囲気が似ているな~と思った。

その後、「のだめカンタービレ」の韓国版ドラマ「ネイルもカンタービレ」のネイル役(のだめ)を演じたのが、シム・ウンギョンと知った。

もし大鳥節子役を上野樹里が演じたなら、本家のオ・ドゥリにより近づけたかもしれない。そう思わせる程、この二人には不思議な共通点を感じる。

もしかしたら歌の部分で多部未華子だったのかな?と邪推している。

ただ「ネイルもカンタービレ」は前評判の割に大きな成功を納める事が出来なかったそうだ。韓国版では原作を重視した結果、従来のドラマファンを失望させてしまったという。

映画「あやしい彼女」でこういった失敗は考慮されたかもしれない。上野樹里主演だった場合、「ネイルもカンタービレ」の二の舞いになっていたかも?

その辺の事情に詳しいファンなら思わず想像してしまう気がする。