ジョッパリ・ワールド

「デスノート2016」 戸田恵梨香演じるミサミサの記憶と寿命の謎?

      2016/05/02

映画「デスノート2016」に戸田恵梨香さんが、再び弥海砂(あまねみさ)役で出演するそうです。

原作だとミサは26歳で死んでいる。(寿命or自殺説?)

※「デスノート Light up the NEW world」が正式タイトル。

デスノ2016…記憶が戻った弥海砂の最期?

映画「DEATH NOTE the Last name」の最後、ミサはデスノートに関する全ての記憶を失うが、夜神月への思いは残ったままだった。

その後の10年で、アイドルから女優・弥海砂へと成長します。
今回再びデスノートに触れる機会があれば、自分がかつて第2のキラだった過去を思い出す流れですね。

実は10年前にデスノートを使用しながら、唯一生き残ったのがミサミサでした。ただ彼女は月の為に”死神の目”の契約を2度も行っています。

一体どれほどの寿命が残っているでしょう?

かつて死神リュークは言いました。デスノートを一度でも使った人間はその代償として、天国にも地獄にも行けない。無の世界が待っているだけだと。

死神達に愛された弥海砂も例外ではありません。

やはり最後はデスノートの裁きを受ける展開になる気がします。それがミサ自身の手によるものなのか、他のデスノート所有者によるものなのかは本編で確認するしかありません。

「デスノート2016」では6冊のデスノートが地上にばら撒かれます。複数のデスノートが存在する事で、所有者間に抑止力効果が働きます。

仮に一人の人間が5冊のデスノートを手に入れたとしても、残り1冊の所有者の存在に怯える事になります。この点を考えた時、デスノートのロジックに精通している弥海砂は有利なポジションにいるのかも?

デスノートの記憶が戻ったミサがある種の正義感にかられて、6冊のノート全てを手に入れて処分しようと考えるかもしれません。その過程で、月ならどう考えるか?どんな策を練るだろうか_と先手を打てる気がするのです。

よってミサがデスノートを手に入れた場合、それ以外のノート所有者にとっては危険な存在となります。必ずデスノートの存在を知る者(知りたい者)が彼女に忍び寄って来るはずです。

夜神月は犯罪者をデスノートで裁く事で、世界平和が訪れると考えていました。しかしそのタガが外れた世界は何も変わっていない。

そして死神は今も昔も人間の愚かさを笑うのです。

弥海砂はデスノートにどう対峙するだろう?_月には申し訳ないけど、こんなモノで世界は何一つ変わらなかったと叫ぶのか?

それとも・・・