ジョッパリ・ワールド

「とと姉ちゃん」 杉咲花演じる美子が高等女学校へ入学!?3代目よっちゃん急成長~

      2016/08/14

とと絵 美子(よっちゃん)のイラスト

「とと姉ちゃん」9週の見どころの一つに、三女美子を演じる役者の引き継ぎがあります。

ついに杉咲花(すぎさきはな)さんの登場です。

このメインストリームには可愛いくて演技の上手な役者さんが次々投入されて行きます。

おかっぱ頭パッチリお目々が可愛らしかった”よっちゃん”(根岸姫奈)ともついにお別れなのです。ほんと寂しいね。

杉咲花登場のタイミングが早過ぎる?

常子がタイピストになって1~2年経過したタイミングで3代目美子・杉咲花さん(18)が登場します。

なんだか不思議なタイミング?

短期間で急成長を遂げ”るよっちゃん”に少し戸惑うかもしれませんw

ちなみに杉咲さん登場時の美子の年齢ですが、おそらく12歳くらいだと思われます。高等女学校入学という節目に合わせての交代のようです。

女学生の期間は5年間と長く、さすがに子役・根岸姫奈ちゃんで押し通すには無理があります。ここを逃すともう交代のタイミングはありません;;

杉咲さんですが小柄なせいか年齢の割に幼い印象を受けます。12歳の美子を演じてもさほど違和感はないかもしれません。

常子と美子には6歳の年齢差がありますが、これは高畑充希さん(24)と杉咲花さん(18)の年齢差と同じです。

なんとドラマの中の年齢差と一致するんです。

朝ドラでは一人の子役を引っ張り過ぎないのが鉄則なので、三姉妹のライフステージが1段上がるこのタイミングの交代がベストって事になります。

美子の成長も日々著しく、モノの考え方もどんどん大人になり常子に対しても主張するお年頃です。

今まで下から見上げていた姉達の目線に追いつき、そして追い越せの勢いです。

父親代わりの常子は、自身の思春期を置き去りに妹達のそれと向き合う時期がやって来ます。

そこはもう涙なくしては語れない物語_。

杉咲花が3代目美子にピッタリな理由?

美子 子供時代のイラスト

杉咲さんと子役・根岸姫奈ちゃんには少なからず共通点があり、そこが今回のキャスティングに適っている気がします。

まず外見的な特徴、目元・口元が似ている。美子のトレードマークとも言える眉毛に関しては、文句の付けようがないレベルですw

さらに声質や、ちょっと尖ったしゃべり方も案外似ている気がします。これは杉咲さんの個性(幼児性?)と関係しているせいかもしれません。

もしかしたら子役の子より、杉咲さんの方が声のトーンは高いかもしれません。

それは過去に杉咲さんが出演したドラマ、例えば「なぞの転校生」だったり「学校のカイダン」からの印象です。

ちょっと前に「しゃべくり007」にゲスト出演した時も、めちゃくちゃ声が小さかったです。

本人もこれが限界です_と言っていましたw

演技に関しては、感情の振り幅を巧みに演じ切る役者さんですね。人間誰しも他人が推し量れない二面性というものがあり、杉咲さんはこの辺りの表現に長けている気がします。

華奢な見た目からは想像できないパワーの持ち主で、見た目の可愛さを置き去りにする演技派です!