ジョッパリ・ワールド

福原愛と準々決勝で対戦するフェン・ティアンウェイの経歴が凄かった【リオ五輪】

      2016/09/03

リオ五輪 卓球女子シングルス 準々決勝

リオ五輪卓球女子シングルス4回戦、福原愛選手がリ・ミョンスン(北朝鮮)をストレートで破り準々決勝進出を決めた。

卓球女子シングルス – トーナメント表

魔球と化した”ストップ”が冴え渡り、終始相手のミスを誘った。とこで、ストップって小学校の時卓球クラブで習った”ツッツキ”の事?

間違いないのは、ネット際に短くショートに返す事で、相手の強打を封じる技術。しかも男女を通じて使えるのは福原愛選手だけらしいです。彼女が使っているラバーが関係しているようです。

問題は準々決勝で対戦する、フェン・ティアンウェイ(馮天薇)選手にストップがどこまで通用するのか?

次にそのヒントになりそうな対戦動画を紹介します。

※フォン・ティエンウェイと表記されている場合もあります。

福原愛vsフェン・ティアンウェイ(動画)

こちはリオ五輪直前(6月)に開催された、スロベニアオープン2016のダイジェスト動画です。

結果は1-3で福原選手の負け。

この試合、福原選手はフェン・ティアンウェイ選手に対して、リ・ミョンスン戦で魅せたストップを殆ど使っていません。

ダイジェスト動画だからでしょうか?

何度も鋭いサーブからチャンスを作っていますが、決めに行った甘い球を随分打ち損じています。そしてフォアが面白いくらいネットにかかっています。

ミスが目立ち自滅といった印象です。

現在の福原選手は見違えるほど、フォア(ドライブ)にも切れがあります。そしてミスも少ない。

準々決勝はフェン・ティアンウェイ選手のストップへの対応が見所になりそうです。

4回戦で対戦したリ・ミョンスン選手は世界でも3本の指に入るカットマンでしたが、最後までその返球に苦しんでいましたからね。

こんなキレキレ愛ちゃんは久しぶりに見た気がします。

フェン・ティアンウェイ、世界ランク4位の彼女に勝利できれば金メダルも夢じゃない!?

※石川佳純選手を破った、北朝鮮キム・ソンイ選手も準々決勝へ進出しました;;

フェン・ティアンウェイ(馮天薇)の経歴

1986年、中華人民共和国黒龍江省ハルビン市に生まれる。

2003年より3年間中国代表チームに所属。

2005年に日本卓球リーグでプレー経験あり。

2007年、シンガポール国籍を得る。

2008年、シンガポール代表として北京オリンピック団体戦で銀メダルを獲得。

2010年、第50回世界卓球選手権団体戦決勝で中国の劉詩ウェン(当時世界ランク1位)と丁寧(同4位)を破ってシンガポールを初優勝に導く。

2012年、ロンドン五輪シングルス3位決定戦で石川佳純を破り銅メダルを獲得。

_ざっと経歴を眺めてわかるように、とんでもない選手です。

ただ現在30歳という事で、キャリアのピークなのかは不明です?愛ちゃんには、そうあって欲しいですけどね。

女子シングルス試合結果

 1234567total
福原愛14111111///4
フェン・ティアンウェイ12875///0

愛ちゃん、こんなに強かったっけ???

心技体がキレッキレでした。

リオ五輪1ヶ月前からは、1日12時間の猛特訓を積んで来たらしいです。

ラリー真っ向勝負で世界ランク4位を押し切ってしまうなんて。さすがに今回はストレート勝ちは予想していませんでした;;

しかも試合が進むにつれ、取られる点数が減っている。

フェン選手も多彩な戦略を試みますが、その全てが福原選手に弾き返されてしまった。

頭脳戦も含めて、なんて反応速度よ。

それを引き出したフェン選手もまた怪物なんだろう。

息の詰まるような圧縮された時間の中を、コンマ一秒以下で練られた戦術が飛び交い続けた。

感動以上”トキメキ”未満、そんなファンタスティックな試合でした。

準決勝では、前回女王の中国・李暁霞(り・ぎょうか、リ・シャオシャ)に挑戦です。

関連記事福原愛の中国語は東北訛り?モンゴル戦では暗黙の了解ミス? | ジョッパリ・ワールド