ジョッパリ・ワールド

吉井和哉がMJで新曲「クリア」を披露~

      2016/08/13

吉井和哉がMJで新曲「クリア」を披露~

MUSIC JAPAN (NHK総合)にアノ 吉井和哉 が出演して「 クリア 」っていうポップチューン?を披露した。とても軽快で清々しい感じのいい楽曲だった。要所で聴かせるノイジーな余韻はいまだ全盛期(イエモン時代)を感じる事が出来たし!

こんな49歳、身近なトコにまずいないわなwww

あたりまえだけど、MJの共演者達はみな若者ばかり;;

日本には吉井和哉の年代で、若い世代のファンを獲得出来そうなミュージシャンは極めて少ない気がする。当然セールス面も含めてだけど。ソロになっても商品価値が衰えてないっていうのが本当に凄い。

MJの客層は20代がメインで、30代後半以上のイエモンドンピシャ世代はどれくらいいただろうか?案外ソロになった吉井和哉の事を知らない人もいたかもwwwまあ、そんな若者にも何かビビビッと感じるものがあったに違いない_と勝手に思っているよ。

空想委員会のボーカルが青森出身だった!?

空想委員会 のボーカル三浦委員長がMJ放送後に、「 Perfume(司会)、吉井和哉と同じ番組に出られたなんて、まだ夢みたい 」_とツイートしてました。”空想委員会”というのは今どきのツンノメッてる感じの3人組バンドです。

ボーカルギターの委員長こと 三浦隆一 は、青森県八戸の出身。好きなミュージシャンに、ナンバーガール、奥田民生、くるり、Perfume_などを挙げている。

ああ~言われてみればテイストあるね。ナンバーガール、くるりとかは。

「ちょっ待てよッ!」 (キムタク風)

青森といえば、君達の先輩に SUPERCAR(スーパーカー) っていうスニーカー系の金字塔がいるんだが!?そもそも’97世代のナンバーガール好きな奴なら、大抵はSUPERCARも好きなもんじゃないのか?

_っていう、オッサンの偏見www

さあ、今一度話を吉井和哉に戻そう

2015.1.28 にリリースされる「クリア」だけど、シングルなのに12曲も収録されてるんです。凄くない!?

クリア収録楽曲

  1. クリア
  2. ボンボヤージ
  3. Romantist Taste
  4. Sweet & Sweet
  5. Tactics
  6. VERMILION HANDS
  7. RED LIGHT
  8. 4000粒の恋の唄
  9. LOVERS ON BACKSTREET
  10. SUCK OF LIFE
  11. JAM
  12. WELCOME TO MY DOGHOUSE

3~12の10曲(ボーナストラック)はファン投票によって選ばれた、吉井和哉ソロによるTRIAD在籍時代の「THE YELLOW MONKEY」ライブ音源10曲。こんなに詰め込んで1,300円は嬉しい限り。

古巣であるTRIADレーベルに移籍したお祝いって事だろうか^^

ちなみに、1stアルバムから選ばれた「Romantist Taste」だけど、、、たしかにいい曲です。でもどうせなら「 This is for you 」じゃないかなぁああ。まあファーストは隠れた名曲が多いから仕方ないか;;

3月には、吉井和哉の約4年ぶりとなる、ソロ通算7枚目のオリジナル・アルバムも発売予定(タイトル未定)。シングル「クリア」に続き、「THE YELLOW MONKEY」時代の古巣であるTRIADレーベルからリリースされる。

※amazonでクリアの収録曲全てが45秒間ずつ視聴出来ます。

この人なんか違う?

なんか最近自分たちの型にハメて歌うのが個性みたいになってない?

デビューでいきなり、こじんまり完成形っていう。私はこれらのバンドを「箱庭系」_ってよんでますw

これくらいのチャレンジ精神を見せれる、バンド現れんかね~。