ジョッパリ・ワールド

Firefoxでワイヤレスマウスのスクロール不具合を解消するアドオン【Logicool M170】

      2016/09/04

logicool m170 レビュー

ここ数年、自宅ではノートPCと有線マウスの組み合わせで作業して来ましたが、作業環境が一気に狭くなったのを機にワイヤレスマウスを導入してみました。

今回は冒頭の画像にある「Logicool M170」のレビューです。価格は1,000円前後とお手頃でした_が。

Logicool M170の不具合について

logicool-m170-裏側

「Logicool M170」は赤枠部分の、小型ワイヤレスレシーバーをUSBスロットに差し込むだけすぐに使い始める事が出来ます。本当に楽チンでした。

本体には予め単三電池がセットされています。ドライバーのインストールなども特に必要ありません。※_必要ないと言ってもドライバー自体は存在します。

私は現在Win10、ブラウザはFirefox48という環境で使用中です。

購入当時はWin8.1で使用していました。有線マウス並に問題なく使えていましたが、しばらく経つとホイール操作に問題が発生しました。

症状はスクロール時の、上下方向への意図しない動きガタツキです。

大抵の場合、スクロールしている方向と逆方向にガクッと動く事が多かったです。この挙動はFirefoxにて顕著に現れました。

Amazonのレビューを見ると、「Logicool M170」にて同様の不具合を訴えている方が複数いました。一定期間使用後のホイールの不具合に関しては、商品の個体差と諦めるしかなさそうです_。

寿命1ヶ月のマウスに1,000円とは高くついたなと、そそくさと有線マウスに出戻った次第です。

FirefoxアドオンでLogicool M170蘇生~

Win8.1からWin10へ無償アップグレードした時、放置中だったM170の事が頭をよぎりました。10なら動くかも?

でも試してみるとやっぱりダメ。

わざわざ引っ張り出してきた物を、また引っ込めるのも癇にさわります。_という事で面倒くさかったけど調べました。

今回Firefoxにおいては、これから紹介する2つのアドオンをインストールする事でホイールの不具合を80%程度解消させる事に成功しました。

Yet Another Smooth Scrollingについて

Firefoxにスクロールを制御出来る「Yet Another Smooth Scrolling」というアドオンがありました。

マウスホイールとカーソルキー、個別に1ステップのスクロール幅、スクロールの滑らかさ、素早く回転させたときの加速の敏感さ、キーをおしっぱなしにしたときのスクロール幅へ適用する倍率が設定できます。

このアドオンをインストール(有効化)した直後、マウスの動作が格段に改善され不具合の大半が一気に解消されました。

アドオンの設定に関しては初期値でも問題ありませんでしたが、個人的に少し手を加えてみました。

Yet Another Smooth Scrolling

廃棄寸前のマウスがひとまず使用可能になりました。

※IEやChromeでは然程問題なかった事を考えると、商品の問題というよりブラウザ特有の問題だったのか!?

FireGesturesについて

ここまで来たらもっと便利にワイヤレスマウスを活用したい。という事で、マウスジェスチャーを設定出来るアドオン「FireGestures」もついでにインストールしました。

「FireGestures」はマウスの右クリックと上下左右の動きを組み合わせる事で、ブラウザ操作をより便利にするアドオンです。

例えば前のページに戻りたい時は、右クリックを押したままマウスを少し左(Left)に動かします。

現在のタブを閉じる場合なら、右クリックを押したままマウスを少し下(Down)に動かした後、右(Right)に動かします。

これでマウスのカーソルを毎回ブラウザのバツ(閉じる)の所まで移動させる手間が無くなります。お陰でベーシックな3つボタンのマウスでも、ブラウザ操作が随分快適になりました。

今まで知らなかったのが悔しくなるアドオンです。

設定は「一般」「マッピング」「詳細」「スワイプ」と4つのタブに分けられています。初期状態からあまり変更する所はないと思います。

基本的なジェスチャー機能以外、必要ない場合の設定を紹介します。

FireGestures-st1

「一般」では、マウスジェスチャと、ジェスチャを開始するために押すボタンの右にチェックが入っていればOKです。

FireGestures-st2

「マッピング」は、基本的なジェスチャが初期設定されています。もちろん変更可能です。

“タブを閉じる”の所のジェスチャが「DR」となています。

マウスを右クリックしながら、下(Down)右(Right)と操作すればタブを閉じる事が出来る設定です。

ジェスチャが未割当の動作は、編集から設定可能です。

FireGestures-st3

「詳細」は何も設定していません。

FireGestures-st4

「スワイプ」は、スワイプジェスチャにチェックが入った初期状態のままです。

ほとんど初期状態のままで使えるアドオンでした。

「Logicool M170」一般評価は上々

ワイヤレスマウスは限られた作業スペースでは欠かせないと実感しています。

本体サイズ 95mm(H)×60mm(W)×35mm(D)は、男性の手には小さ過ぎる?いえいえ、もっと小さくても良いくらいです。

私の環境では利便性が勝ります。

滑りやすいホイールの質感は慣れるしかありません。使い方が荒いとキュルキュル軋む音が出たりします。クリック音も小気味良くなります^^

よって静音性はあるか無いかで言えば、「ない」です。

M170の持ち味は、2.4 GHzワイヤレスによるペアリングの確かさや高い操作性です。単三形乾電池1本で最長12ヶ月間動作はコスパ的に文句の付けようがありません。

製品の材質に由来する使用感は流石に1,000円ですから限界があるでしょう。

まあ、1ヶ月も使っていれば全てに慣れてしまいますけどねw

欲を言えば、もっと簡単に分解できる設計なら嬉しかったです。裏側からフックを外す事でバラせますが、かなり大変でした。

-2016/8/20- 追記

Logicoolマウスの使い勝手は?

アドオンなど利用し騙し騙し使っていた「Logicool M170」が限界に達しました。

やっぱり個体差に由来するホイールの不具合が解消されませんでした。

新しく購入した「Logicool ワイヤレスマウス M235r」が快調に動作しています。
※結局またワイヤレス買ってしまった;;

「M235r」は「M170」よりグリップ感や、ホイールの操作性が優れていました。ワイヤレスの精度は遜色ありません。互角です。

1ヶ月程度使用してみて、今のところ不具合は出ていません。取り敢えず1年持ってくれれば御の字かなとw
※ホワイトは結構汚れが目立ちます、参考までに;;