ジョッパリ・ワールド

LAGOON!瀧本美織が君の待つ世界で着てたTシャツがダサい…

      2016/03/07

LAGOON!瀧本美織が君の待つ世界で着てたTシャツがダサい…

瀧本美織さんに漂う清潔感。控えめで綺麗な人っていうイメージは所属事務所に大事に育てられている証でないだろうか?

彼女は信頼と信用が第一の損保会社のCMなどにも起用されています。最近のテレビの出演は「アナザースカイ」のMCくらいだとしても。

しかし最近、瀧本美織さん自身がボーカルを務める、ガールズバンド「LAGOON」が脚光を浴びています。


LAGOON 「君の待つ世界 Short ver.」

TVアニメ「まじっく快斗 1412」オープニングテーマと言われれば、確かに耳にした事がある気がします。

瀧本さん、歌が上手いんですね。PVではアルファベット一文字のTシャツが目に焼き付きます;;

これって正解なのかって?

歌がメロディアスなロックチューンなだけに、もっと違うビジュアルイメージで売っても良かった気がします。ダサい_と見るか、新鮮と受け取るかは「 あなた次第! 」。

「LAGOON」ボーカルの瀧本さんですが、女優業がパッとしないイメージないですか?過去には映画の主演などもあり、期待の大型新人だったはずです。

「アナザースカイ」以外に、CMへの継続的な出演があり手堅いポジションにはいます。しかし当たり役が今ひとつ出てこない。

なんでもやるっていう感じの女優さんではないよな~。この辺が女優としての露出の低さに繋がっているのだろうか?

映画もドラマも主演クラスでの出演が多いようだし。

今回の歌手活動で何かが弾けるだろうか?

SweetS時代目立った存在ではなかった瀧本美織

最近の彼女の活動しか知らなかった私は、「SweetS」というヴォーカルダンスユニットの動画を見て驚いた。メンバーの中に当時まだ12歳のあどけない瀧本美織さんの姿がある。

時代的に、「TRF」とか「SPEED」、あと「Folder5」などの衰退と時期が重なるのかもしれない。

「SweetS」、当時こんなグループがいたことすら知らなかったけど、最近のアイドルグループなんかと比較した場合、随分と上を行っている気がしませんか?デビューした時代が悪かったかも?

映画「彼岸島」などで女優(ヒロイン)デビューより遥か以前の活動ではあるけど、「LAGOON」への布石は十分にあったという事になる。もともと出来る子_だったわけです^^;

この頃は瀧本さんメインボーカルではなく、PVでもあまりワンショットで抜かれていませんね。ただしグループの中で控えめだったメンバーがその後、単独で女優としてブレークした例は結構ある。

ガールズユニットでは一番控えめだった子が将来出世する法則?

「SPEED」や「Folder5」が隆盛だった当時、メインボーカルの子に比べてバックダンサー(時々コーラス?)はどうしても日陰の存在になってしまう。

音楽番組に出ても、PVでもあまりカメラに抜いて貰えないのが普通だ。

最悪どんな声をしているか不明?_という場合もある。

しかしだからこそ一部のファンはよく観ているものだ。あの子実はダンスがボーカルの子より上手とか、一瞬でもいい表情(センス)しているとか。商品のパッケージと同じで、売り込みやすい構成があって当然で、どの個性を重要視するかはプロデュース側の判断でしかない。

いつだって子供たちは大人の言いなりに一生懸命頑張っている。

たとえば現在女優として脚光を浴びる、満島ひかりさんが元「Folder5」のメンバーであることを知らない人は大勢いる。なんせ「Folder5」が全盛だった頃ですら、彼女の名前を知らない人は多かったからね…

要するに一番目立っていなかったメンバーだったわけだ。

「SPEED」にしても、その後女優として活躍の上原多香子さんなども同様だったと思う。もちろん当時から美形であると言われていたが、歌やダンスといったファクターに特筆したものが感じられなかった印象。それだけ他のメンバーが凄かったとも言える。

やっぱり歌っている人が強いわけだ!

そして時間の経過が教えてくれる、ボーカルだけが凄かった訳じゃないと。バックダンサーがグループにもたらしていたフィーリングがいかに大切な要素であったかという事を再発見する。

瀧本美織、上原多香子、満島ひかり、、、いずれもグループ時代の日陰感がいい意味で、自身の表現の抑圧になり他と異なるモチベーションを熟成させていた可能性を感じるな。

幼少期に脇役だった事はその後のチャレンジの良き動機になっただろう。

世間的にあまり知られていない、しかし鍛えあげられた表現力は持っている。瀧本さんが、映画「彼岸島」でいきなりヒロインを務める事が出来たのはやはり、「SweetS」などの経験があったからではないのか?

旭ファイバーグラス公式アクリアCM「みおり猫」篇

ちなみに僕は瀧本美織さんが、可愛らしく猫ポーズを決めているこのCMが大好きですw

CM最後の「リフォームにも♪」 の後で、「ニャアッ!」_と言ってくれたら最高だったんですけどね。