ジョッパリ・ワールド

東京新聞にSMAPファンの3行広告殺到~「ToKToK」の掲載方法や料金について?

      2016/11/04

SMAP 若い頃のイラスト

11月1日~2日、東京新聞の広告欄(有料)「東京くらしネットToKToK」は、SMAPファンによる大量のメッセージで埋め尽くされた。

これはコメントジャックw

その内容の多くが、SMAP25周年を祝っている。なんとも泣ける、意地のエールである。

これらはSNS等で書き込まれる気軽なメッセージとは違い、お金を支払って掲載された言葉たちだ。

しかも東京新聞の「東京くらしネットToKToK」の広告欄はネットからは申し込めない。

専用の申込み用紙を使って、郵送かFAXを使う必要がある。この手間隙、労力に脱帽してしまった。愛され過ぎだよSMAP。

今回SMAPファンがツイッターなどで呼びかけ、全国の地方紙でも同じような現象が相次いでいるそうだ。

やはりファンはまだ諦めていない、そんな気概すら感じさせる。

「ToKToK」の3行広告たった540円!?

SMAPファンが殺到した、東京新聞「ToKToK」では、「売ります・譲ります」「お仲間募集」から「おめでとう」「記念日」「誕生日」といったカテゴリにメッセージ(コメント)を掲載出来る。

気になるその料金は、3行×3回(3日)540円(税込)だ。1行追加ごとにプラス216円(税込)となる。

支払い方法は、「郵便振替」「銀行振込」「現金書留」「クレジットカード」に対応している。

ただ先程も言ったように、申込み自体は郵送かFAXに限られる。ネットから申し込み出来ない点に一見不便さを感じるが、そこがこの広告枠の良さなのかもしれない。

こちらの、申し込み原稿用紙を見ると、1行あたりの文字数は15文字とわかる。

45文字あれば、それなりの宣伝は出来そうだ。50万部発行の媒体の片隅とはいえ、使い方次第では簡単に元を取れるに違いない。

なんだか超リーズナブルな気がしてきたw

それにしても「ToKToK」(東京新聞)側も、よくぞここまでSMAPファンに配慮したものだと感動してしまう。

仮にSMAP以外だった場合でも、同様に対処してもらえるのか気になってくるw似たようなコメントは割愛(キャンセル)される?

※東京新聞の発行部数は約517,000部(2014年上半期)。ただし中日新聞、北陸中日新聞、日刊県民福井との主要記事共有部分を除く。

SMAP、実は解散しない説って本当なのか?

ネットに飛散する悲しい噂話。

「SMAP 解散」と検索をかけると、「SMAP 解散しない」_という関連ワードが出現する。

連日の報道が確かなら、SMAPは年内を持って解散する。大晦日の紅白への出場すら宙に浮いた状況だ。

そんななか、12月31日をもってSMAP解散ではなく、「やっぱり解散しません」という驚くべきシナリオが存在するという!?

いやいやいや;;

ないない、それはないw

これが一般人の意見。

SMAPを敢えて嫌いという人をあまり見たことがない。彼等にはそんな強みがあった。

熱烈なファンならずとも、彼ら5人をエンタメ界の常設展示物のように心地よく眺めて来た層には、一体どのように映るだろうか?

「やっぱり解散しません」だなんて。

または、解散後の再結成というパターン。こちらの方が流れとしてはより自然かもしれない。

そんなシナリオが控えていて、彼等は低体温症からの仮死状態を演じている?一体どんな事情があるのやら・・・。

本当にあと2ヶ月でエンディングを迎えてしまうのか?

こんなにたくさんの名曲達を残して。