ジョッパリ・ワールド

もしもアフィリエイト経由でAmazonと楽天アフィリエイトやった結果…儲かった?

      2016/11/14

moshimo_amazon

ジョッパリ・ワールドでは11月から、一部ページのAmazonと楽天のアフィリエイトリンクを「もしもアフィリエイト」(カエレバ)経由に変更してみた。「もしもアフィリエイト」は、a8.netやバリューコマースといったASPの一つ。

※カエレバについては後ほど…

もしもアフィリエイト+カエレバってどう?

mosimo_af

結論から言うと、発生件数(割合)はさほど変わりなかった。

成約一件あたりの単価が100円と高めだが、紹介料率のいい商品を選んで”もしも経由”にしているおかげ。

仮にAmazonと楽天の報酬が月間10,000円だったとすると、2,500円程度が「もしもアフィリエイト」から発生した感じ。「もしもアフィリエイト」には確定報酬に対して10%の報酬を上乗せして支払うW報酬制度があるので、その分はちょっと得したという見方も出来る。

※ショック;;;;よく調べてみたらAmazonは2014年9月1日から10%上乗せ報酬の対象外になったようだ。

楽天はW報酬対象だけど、、、なんかアレだな。

_さて。

WordPressでAmazonアソシエイトを利用する場合に「AmazonJS」というプラグインでアフィリエイトリンクを生成するのが便利だ。

当ブログでも利用しているが商品検索からリンク挿入までのプロセスがとても楽チン。

対して「もしもアフィリエイト」+「 カエレバ 」では結構面倒くさい事になる。

10%の上乗せ報酬を獲得するために「もしもアフィリエイト」へ登録したのちに、「カエレバ」というツールを使って商品リンクを作成する。なぜ「カエレバ」を使うのか? それは「もしもアフィリエイト」で生成する商品リンクがいまいちダサいから。

「カエレバ」を使うメリットは、リンクの見た目を「AmazonJS」に近づけたうえで、楽天アフィリエイトなど複数のASPへのリンクを同時掲載出来るところ。実際「カエレバ」の商品リンクをクリックするユーザーは、Amazonと楽天両方の商品ページを見る傾向がある。商品の価格・その他条件を比較した上で購入しているようだ。

といっても獲得報酬が必要以上に増えたりはしないw

むしろ紹介料率の高いAmazonから楽天に購入者が流れて損をしてしまう場合だってある。だから結果的にAmazonアソシエイトだけに絞って掲載した方が報酬面では有利だよ!_と解説するブロガーさんの意見も頷ける。

色んな事をごちゃまぜで書いてるブログで訪問者の属性を絞るのは難しい。そうなると基本料率1%の楽天アフィリエイトも外せない。

もしも経由でAmazonと楽天を紹介するなら、すべての商品リンクをカエレバに張替えて統一するべきだろうか。

そして10%の上乗せ報酬を最大限に受け取るべきか。

今回実験的にブログ内の商品リンクのうち2割程度を「カエレバ」にしたが、Amazonアソシエイトに統一した場合に比べて獲得報酬はやや低くなったと思われる。

※Amazonと楽天を同時掲載できるツール「カエレバ」の使用を「もしもアフィリエイト」も推奨しています。通常3,000ポイント以下の楽天アフィリエイト報酬は楽天ポイントで支払われますが、もしもアフィリエイトを経由することで合算1,000円以上から現金で受け取れます。

「カエレバ」に「もしもアフィリエイト」を設定する方法

もしもアフィリエイト」に無料会員登録後、

  • 「Amazon.co.jp」商品購入
  • 楽天市場 商品購入(モバイルも可)

事前に上記2つのプログラムと提携しておく。

念のため、「楽天ブックス商品購入」プログラムとも提携しておいた方がいいかも。扱いが「楽天市場」と別個になっているようなので。

※Amazonとの提携には審査があります。

Amazonと楽天の「もしもアフィリエイトID」を取得する方法

もしも経由でAmazonと楽天の商品を紹介する場合、本家のアフィリエイトIDは必要ない。

代わりにこのような作業が必要になる。

「もしもアフィリエイト」のかんたんリンクで適当な広告コードを発行する。

rakuten_amazon

「a_id=●●●●●●」の数字の部分がアフィリエイトID。
上記画像の黄色でマーキングした箇所。

私の場合はAmazon、楽天ともに6桁の数字だった。

ここで取得したIDを「 カエレバ 」のユーザーデーター入力フォームに記入し保存する。

kaereba_touroku

これで準備完了。

「カエレバ」商品リンクの作成方法

blog_parts

ためしに「カエレバ」トップページで”かに”と検索してみる。

検索結果から好きな商品を選んで「ブログパーツを作る」_を選択する。

※1 検索条件は”Amazon”で良いと思う。もちろん楽天でもOK。

※2 商品リンクに複数のASPを設定する場合は、商品キーワードの欄に適切なキーワード(商品の型番など)を設定する必要がある。

koukoku_code

するとこのような広告リンクが生成される。後は赤枠のコードをブログに貼り付ければいい。

※使用するASPにチェックが入っていること。

ジョッパリ・ワールドでは、上記のように商品リンクの見た目をCSSで少しだけカスタマイズしている。

カエレバ サンプルCSS ※適応テーマ「STINGER6」

カエレバ スマホ最適化css

 
/*--------------------------------
 カエレバ / amazlet風(改)-2
---------------------------------*/
.kaerebalink-box {
    border: 1px solid #ddd;
    border-radius: 4px;
    padding: 12px;
    overflow: hidden;
    margin-bottom: 30px;
}
.kaerebalink-image {
    width: 100px;
    height: auto;
    margin-right: 15px;
    float:left;
}
.kaerebalink-info {
    font-size: 14px;
    margin: 0;
    overflow: hidden;
}
.kaerebalink-name {
    font-size: 16px;
    margin-top: 2px;
    line-height: 1.6;
}
.kaerebalink-detail {
    font-size: 12px;
    margin-top: 5px;
}
.kaerebalink-powered-date {
    font-size: 12px;
    margin-top: 5px;
}
.kaerebalink-link1 {
    font-size: 16px;
}
.shoplinkamazon, .shoplinkrakuten {
    float: left;
    width: 40%;
    text-align: center;
    margin: 12px 10px 0 0;
    padding: 4px 0;
    border: 1px solid #ddd;
    border-radius: 4px;
    background: #f9f9f8;
}
.shoplinkamazon a {
    font-size: 14px;
    color: #565656;
}
.shoplinkrakuten a {
    font-size: 14px;
    color: #FF0040;
}
.shoplinkamazon a, .shoplinkrakuten a {
    text-decoration: none;
    display: block;
}
.shoplinkamazon:hover, .shoplinkrakuten:hover {
    background: #f4f4f4;
}

/*--------------------------------
 PC表示でショップリンクの横幅を調整
---------------------------------*/
@media only screen and (min-width: 768px) {
.shoplinkamazon, .shoplinkrakuten {
    width: 20%;
}
}

こちらのコードはレスポンシブ対応サイト向けで、スマートフォン表示に最適化されている。

タブレットやPC表示では個々のテーマに合わせて修正が必要になる場合もあるし、表示に不具合が出る可能性もある。そんな場合は以下リンク先など参考にカスタマイズして欲しい。

参考カエレバをCSSで装飾してみた | vdeep

CSSがわかる人なら問題ないが、私の場合結構苦戦した。何に苦戦したかはもう覚えてないけど;;

見た目をカスタマイズする場合は、ベースデザインで「amazlet風-2(cssカスタマイズ用)」を選択するのが肝のようだ。当ブログでは、「amazlet風(改)-1」を利用しているが、、、? amazlet風-2ならCSSでやたらめったら、”!important”使わなくて済むのかもしれないw

※「amazlet風-2(cssカスタマイズ用)」へ貼り替えました;;

Amazonアソシエイトに関して、以前は審査の甘い A8.net 経由も選択肢として紹介していたが「もしもアフィリエイト」の存在を知ってからは勧めにくくなった気がするな~。

もしもアフィリエイトは楽天キャンセル率が低い?

もしもアフィリエイト 承認率が高い?

お試しで2ヶ月間導入してみたASP「もしもアフィリエイト」の報酬が確定したので感想を少し。

発生額8,004円に対し、7,900円確定という結果です。
毎月しっかり報酬の支払も行われています。

驚いたのがキャンセル率の低さです。とりわけ楽天アフィリエイトが顕著で、47件の発生に対して2件しかキャンセルがありませんでした。金額にして100円程度です。

もしもはクッキーが強い、なんて噂もありますが何か関係してるのでしょうか?
楽天に関してはデフォルト20%キャンセルは当たり前ってイメージでしたので;;

たまたまかな?

_ただ確定までにかかる時間が長い。正確に測定したわけではありませんが、最短2ヶ月、最長3ヶ月_といった印象です。ただこの辺は継続していれば然程問題にはならないとは思います。それとW報酬制度の正確な金額はレポート画面等で確認することは出来ないようです。

多分、Amazonの報酬以外は、10%上乗せして頂いていると思いますw

そのうち入出金明細を確認してみます。

※「もしも会員登録」と「Amazon 商品購入」の成果確定はどちらも約1ヶ月以内でした。