ジョッパリ・ワールド

z120bwのレビューと究極配置?激安ノートPCおすすめスピーカー

      2016/08/13

z120bw-Sound

ノートパソコンで作業する時に動画の音声やメディアプレイヤーで音楽をよく聴きます。私は古い型のLIFEBOOK(fmv)を使っていて、内蔵スピーカーの音質はジャリジャリして最低レベルでしたw

取り敢えず何でもいいから外付けの小型スピーカーが欲しい。

特別音質に拘る人間ではないけど、まったく拘らない訳でもないwそんな人におすすめなのがLogicool社の「 z120BW 」という商品です。

私が amazon で購入した時は1,500円程度でした。
(もちろん送料無料!)
※ゲームに使っているアナログTV用に、2台目を購入した時は1,200円まで下がっていました;;

「z120bw」レビューの良し悪し?

Logicool z120BW レビュー

こちらのスピーカーですが、Amazonで 2,000件近いレビュー がついています。その中で共感できたレビューの一部を紹介します。

音質が爽やか~

ステレオ感や音の粒立ちが際立つのは確かです。私はおもに女性ヴォーカル系を好んで聴きますが、ボーカルの裏で弾けるピアノの音とか想像以上に綺麗で驚きました。

よくあるスピーカーネットの箇所で音が鳴るといったショボさはありませんでした。音像が明快であり、楽器ごとの音もしっかり分離されています。絶対音感49%の持ち主の私がいうものなんですけどね。

低音はこれくらいがベスト

卓上小型スピーカーで強引なウーハー回路搭載の奴は音が下品のものが多いです。とにかく「Logicool z120BW」に関しては価格と吊り合わないような上品な音を鳴らします。中途半端に低音にこだわるよりも、雑味のない爽やかな音をこのスピーカーは目指しています。

もちろん低音の再現を怠っているわけではなく、自然なバランスの中で消化されていると思います。そもそもこの価格ですから、聴きやすいというメリットだけでも十分過ぎるでしょw

構造がシンプルでデザインも素敵!

画像を見てもらえれば分かるように、ボリューム(電源一体型)以外の余計なパーツがありません。直径4.5cmフルレンジスピーカー、密閉タイプなので当然かもしれませんが。

製品に個体差がある?

私が一番ビビったのが低評価のレビューで多かった製品の個体差です。購入後4時間で片方のスピーカーの音が出なくなったとか、ノイズがひどい、配線の接触不良がある。またバリがあるなど雑な作りを指摘する声も…ただ最新レビューからチェックしてみると、このような悪評はほぼ皆無でした。

なんだかんだ取り回しがいい!

logicool-z120

z120BWは余計なコード(配線)を本体裏に巻きつけて格納しておける工夫があります。本来コードの類はグルグル巻くべきではありません。破損の原因になるので余裕を持たせて軽く巻きつけましょう~。

Logicool z120BWの究極配置とは?

z120BWは安価ながら非常にステレオ感のある製品です。スピーカーを配置する場合、基本的には2つのスピーカーとリスニングポジションが正三角形になるのが望ましい_という意見がありました。

しかしながら絶対音感49%の持ち主である私には、それはなんだか物足りないフィーリングでした。_で結果的に導き出された、スピーカーの究極配置がこれです!

z120の音像が際立つ配置を発見!

ポイントは左側のスピーカーを右側よりも高い位置に設置する点です。騙されたと思って試して見てください。音がいきなり立体感を持ち並列に設置していた時には聴こえなかった音がむき出しに感じられます。

さらに分離しおったわ~!!(気のせい?)

ま、そうは言っても個人差はあるでしょうw安価なスピーカーなので思い切った施策が功を奏す場合があり、おすすめです^^;

※ちなみにですが、オーディオプロパティなどを制御している場合、それら全てのサウンド効果をオフに設定する事をおすすめします。この状態が一番音質がピュアでしたので。

電源はパソコンではなく、コンセントからとっています。私の環境ではz120のパフォーマンスが明らかに良くなりました。音の輪郭がクッキリする感じ_。