ジョッパリ・ワールド

マリアTの正体が中谷美紀じゃ面白くない!「IQ246」のタイトルに真犯人のヒントがあった!?

      2016/11/24

iq246 イラスト

「IQ246華麗なる事件簿」第6話。

ついに黒幕「マリアT」が沙羅駆の前に姿を表した。

その姿は間違いなく監察医の森本朋美(中谷美紀)その人だった。多くの視聴者が「やっぱりか」と思ったに違いない。

反対に、朋美黒幕説はミスリードと予想していた人は面食らったかも。

この現実を素直に受け入れるべきなのか。

いや、何かが妙だ。

ここは一旦立ち止まり、朋美を「マリアT」のしがらみから開放する方法はないものか考えてみたい。

マリアTは沙羅駆の妄想?

第6話物語の終盤、「13」の指示で用意された時限爆弾のような装置が作動した。
※奏子いわくオシャレな加湿器w

そして何か毒霧のような物が噴き出し沙羅駆を襲った。

このあと現場は警察により完全封鎖(エアロック)された。何らかの化学(細菌)兵器等で建物が汚染された可能性があったからだ。

ここからが問題の場面。

「沙羅駆さん助けに来ました~」と朋美の声。これは間違いなく本人の声。

そして次の瞬間、突然白い防護服を脱ぎ捨てる。挙句の果てにマスクまで外して素顔を見せた。

実はここら辺から沙羅駆の幻覚・妄想劇が始まっていた可能性はないだろうかと?

「マリアT」は沙羅駆が囲碁を打つ場面でも登場している。もちろん沙羅駆だけにしか見えていない。

例えばサヴァン症候群がある。特定分野に異様に高い能力を発揮するが、その半面重度の精神障害を患っているなど。

沙羅駆は常に高度な謎(問題)を求めている。それは病的なレベルと言える。

そして「マリアT」こそ彼自身が作り上げた謎(問題)だとしたら?言い方を変えれば、もう一人の沙羅駆だ。(※多重人格説)

「マリアT」に見る森本朋美は、彼の都合のいいイメージである。

沙羅駆は随分早い段階から「マリアT」の監視に気づいている素振りを見せていたがなぜだろう?

何か証拠でもあるのかと。

そこで沙羅駆と「マリアT」が同一人物だったらと考えてみる。多くの部分で腑に落ちないだろうか?

一人の人間の中に2つの人格(天才)が同居し、片方が謎(悪事)を提供し、もう片方がそれを解決する。考えただけでも恐ろしくなる;;

どこかに私が解くに値する謎はないものだろうか?ないなら自分で作ろう_。

そもそもIQ246の天才が、その他の部分でコンディショングリーンだなんて面白味がない。

「13」と「マリアT」は同一人物ではない?

第7話の予告では、元気な沙羅駆がまた新しい事件に首を突っ込んでいたw

という事は、あの時限装置のガス?で命を落とす事はなかった。やはり監察医の朋美に救われたのか?

となると_。

朋美が馬乗りになった沙羅駆に銃を突きつけているシーンの解釈が難しい。先程言ったように、幻覚・妄想の類で片付けてしまうのが一番手っ取り早い。

それとも驚きの伏線回収が展開されるのか?

私の勝手な予想では、「13」と「マリアT」は別人となる。

これは沙羅駆が「マリアT」を森本朋美だと思い込んでる前提で成立する推理となる。

実際は「マリアT」という沙羅駆の別人格が、「13(朋美)」をコントロールしているのかもしれない?

「IQ246」タイトルに隠された秘密?

iq246 沙羅駆の秘密?
画像:日曜劇場『IQ246?華麗なる事件簿?』|TBSテレビ

ここまでの邪推を参考にあらためて「IQ246華麗なる事件簿」のタイトルを見て欲しい。

なぜか沙羅駆の顔が半分しかない?

残り半分は何処に行った?

「・・・まさか!?」

「IQ246」最大の秘密は沙羅駆の中にある、という事で。妄想してみた。