ジョッパリ・ワールド

イチロー、2016年の成績予測? 現在打率は4割超え;;

   

2016年のイチロー選手がなんか凄い。

ここ3試合連続スタメン(レフト・1番)で、3試合連続マルチ安打と絶好調なのだ。23日のレイズ戦では今季2度目の1試合4安打を放ち、打率を.417まで上昇させた。

23日までの3試合で13打数10安打は全盛期の輝きを彷彿とさせます。ボールが良く見えているせいか鋭いヒットが目立ちます。

_背中を痛めて欠場中のイエリッチ選手(24歳)には、無理せずゆっくり調整して頂けたらと願う。

2016シーズンは前年ほど打席に立てないと予想されるイチロー選手ですが、成績面では2015シーズンを上回る可能性が高いとの予測があるようです。

イチロー 2016年は115安打!?

【MLB】2016年のイチローは115本安打、田中や岩隈・ダルも好成績。米データサイトが成績予測を発表 | ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)

米大手データサイト『Fangraphs』の成績予測システム「Steamer」は、2016年のイチロー選手は昨年を超える成績を残すと予測しています。

2015年 イチローの成績

153試合
打率.229(398-91)
1本塁打
21打点
11盗塁
出塁率.282
OPS.561

2016年 イチローの成績予測 (「Steamer」)

120試合
打率.252(457-115)
3本塁打
39打点
13盗塁
出塁率.294
OPS.619

2016年 イチローの成績(5/24現在)

?試合
打率.417(60打数)
0本塁打
5打点
2盗塁
出塁率.478
OPS.945

まだ60打席なのでなんとも言えない感じですが、OPS.945は予想を遥かに上回る活躍ぶりです^^

※OPS・・・打者を評価する指標の1つ。出塁率と長打率とを足し合わせた値。ちなみに「Steamer」の予測.619は、指標.5667~.6333に属し、ランクF(悪い)の評価となる。.9000以上だとA(素晴らしい)。平均が.7000~.7666。

出場試合数が30減っても打席数が60も増える?

スタメンが増えて、代打や代走が減るという見方でいいのでしょうか?

しかも「Steamer」はイチロー選手の長打数が12本から22本へ増えるとも予測しているようです。今季も代打や代走、守備固めでの起用がメインなのは変わりないはず。

それでも現状の活躍が続くとすれば、スタメン定着も夢じゃない?そんな見方が許されるほどの活躍ぶりだという事です。

「Steamer」の115安打は嬉しい誤算。しかもポジションを争うライバルの調子がイマイチで、頑強なイチロー選手に追い風が吹いています。

ちなみにイエリッチ選手の2015シーズン成績、打率.300/143安打/7本塁打/44打点/16盗塁/出塁率.366/OPS.782_さすがです。普通に考えれば彼がスタメンです。